2008年11月05日

紅楼夢、お疲れ様でした

京都、紅楼夢お疲れ様でした。
私はその時、仏のテレビ局クルーと
フジテレビのサブカル番組収録の
見学に参加

イベント現場では、いろいろあったと
聞いて大変だったんだなとぼんやり



東方ジャンルの人気拡大によって、参加者の裾野が
広がることは、同人界として歓迎することなんです
が、「同人」という意味と、同人イベントがどうい
うイベントであるか という認知度が、新しい参加
者になかなか行き届かないという問題は、各同人イ
ベント団体の悩みの種の1つです。

正直言って、ほとんどのイベント団体は、手弁当で
運営をサポートする有志のボランティアによって
支えられているのが事実。
これが新しい一般参加者になかなか理解してもらえない
運営に対しての「注意事項」、たとえば、徹夜禁止とか
早朝来場禁止とかいう基本的な約束事に対して、守って
もらえないという事実がどういうことか、今回1つの事
件として、水面上に現れて、各地のイベント団体主催の
間で物議をかもしています。

もともと、「同人イベント」というもの自身、学園祭の
延長のようなもので、展示する側(サークル)運営を補佐
する側(イベントボランティア)そして、ビジター(一般
参加者)で成り立っているわけで、これが「学校」のよう
な会場となる「箱」が無いため、それぞれがみんなで借
りあって、イベント会場を確保して、イベントを開催する
というスタイルに他なりません。

それゆえに、同人イベントに「お客さんはいないよ、み
んなでイベントを作っているんだよ」という善意の考えと
協力の下に成り立っています。

ちょっと想像してみてください

これが、「学園祭」として、入場待ちのため、他校の
生徒が入り口で早朝からたむろして、騒いだらどうなり
ますか?

 入り口で入場制限が加えられますよね、場合によっては
入場できないことも・・・

 イベントでの早朝警備はまさにその部分と同じ理由です。
時間外に来場される人がどれぐらいイベント運営に多大な
負担を掛けているか、そういう部分で、ルールを守らない
参加者に対して、いろいろな形でのペナルティーが、最近
では、各団体ごとに科せられる流れになっています。

私、この部分について、大昔(20年ほど前ですが)、故コミケ
の妖精さん(仮称)と掲示板上で散々議論したことがありまし
たが・・・彼の一言 「いや、本当に好きなら、並ばなくて
も入ることができるよ」と生暖かいアドバイスを貰った覚え
があります。

今、思い起こして見ると、自分がこのような場所で、参加者に
アドバイスをする立場になったとき、ああ、同人活動とは、
自らいろいろな形で、イベントに関わっていくことこそが
大事なことなんだなと、あのときの一言が重く感じられます
それが、たとえば、サークル参加(サークルの手伝いでもOK)
イベントのスタッフであったりして、その好きな場所を守る
ために、活躍する側にいつか回ることではないでしょうか。

昔は、一般入場の誘導をするスタッフというのは、元々早朝
来場者が多かったため、イベントが開場する前までの間、
暇でしようがなかったこともあり、そこから運営のスタッフに
なる人も少なくはありませんでした。

 今は、そういうきっかけが少なくなっているのもまた事実
一番私が怖いと思うのは、一般参加したりサークル参加したり
したことのない人たちが専業スタッフとして運営しているイベ
ントが無いとはいえません。でも、イベントを愛する気持ちに
は、一般もサークルもスタッフも変わりがないと思います。

 今回、紅楼夢へ参加した早朝来場者が、「何か」やらかした
そうですが、この1人の犯罪行為は、参加者同士にあった信頼
関係を著しく傷つけたといわざるをえません。
この影響は、これからいろいろな形で現れることでしょう。

 ただ、悲しいかな 本来どんな形でさえ「ペナルティ」が無
いに越したことがないことに対して、この1件が、参加ルールを
守らない参加者に対して、多大な罰則を与える口実を作ってしま
ったことも否定できません。
 また、主催者側にとって、イベントの会場貸し出しの制限と
警備負担の増加もまた強いられることに繋がっていきます。

本来、今回の1件について詳しく書くべきでしょうが、あえて
私も伏せさせてもらいます。
願わくば、次回の開催に影響の無いことを

1つ...

ワンフェス2009冬が中止になりました
無くなったイベントが、元に戻るまでどれぐらいかかるか
実体験するものではありませんが、また再び開催されるまで
2〜3年 場合によっては10年という歳月を見てきた
我々にとって、今回の紅楼夢での1件は、非常に注意深く
見守っています。



comike_news at 17:39トラックバック(0) | オタクなニュース | 雑記 

トラックバックURL

遠征前の情報Check!




名鉄観光コミックバスツアー
アキバで立ち寄りたい店舗
COMICZIN_Akihabara
・同人専門店「COMIC ZIN
この会場の来場者数




フィギュア新作情報
遠征用裏技情報
裏技情報
Archives
著作権を主張します
改訂8条が落ち着いた内容
に変更されたので、当サイ
トは、LivedoorBlogにて
継続運営します

今回の一件にて、Blog全
般の著作権問題に対して、
まとめたサイトがあったの
で、興味のある方は、
 こちら をご覧に
なってください。

当サイトはリンクフリー
です
多忙につき、TBのお礼
やコメントのお返事かほ
とんど出来ません。
あらかじめご容赦くださ
い。

管理人  三毛猫
宝箱の中身をお手元に
RSS feed meter for http://blog.livedoor.jp/comike_news/


QRコード
QRコード
打ち上げ会場チェック
初音ミク応援中
mikunavi.net


初音ミクニュース

<クリプトン>
初音ミク・製品情報

初音ミク・応援バナー160x600

イベント備品を借りるなら


応援バナー
C77 参加情報
西企業ブース
#334 【AT−X
同マスコットキャラ
−会場限定−
「しあたん」アンソロジー本発売
C77 #334 AT-X しあたんアンソロジー告知バナー

09/12/30(2日目)
 西1-る07b

【 桜月亭 】
東北少女散歩

09/12/31(3日目)
 西1-る31a

サークル「むんくろ」

コミックマーケット77 むん☆くろ読本2009(下)
バスツアー情報
JTBコミケSP5in水戸


【イベントバスツアー】
名鉄観光コミックバスツアー


<都内発・会場行>
−C77冬コミツアー−

☆(株)Busway
都内前日出発(車中泊)-会場行
有明コミックドリーム

<関西・東海地区発>
毎週土曜・大阪/名古屋出発
〇東京・あきばバスツアー


☆【最近の人気記事】☆
 ○日本・猫喫茶リンク集○
 台湾キャットカフェツアー

 【お台場・猫スポット情報含】