2007年05月10日

市川新代表の新姿勢か?会場内・撮影可能だった今回のComic1

ポスト・アフターC-Revoを目指した
東京の新規イベントComic1が
4/30(月)鳴り物入りで開催された
人気のある作家も参加したこともあり
いい感じでの盛況で無事幕を閉じたわけ
だが、珍しく、イベント内でのサークル
活動や参加者の様子が、写真入りで報道
されていたので、確認の一報を準備会側
に入れてみた

回答は、サークル参加者にとって驚くべき
回答であった。



大阪・日本橋で活躍するせなか:オタロードBlogの中の人
(出版/ソフトハウス系)が、自サイト・企画プロモーションの
関係で、新規サークルを立ち上げ、今回Comic1に作家と
して、参加。その詳細な様子を写真つきでつぶさにレポートが
あがっていた。
こういう姿勢は、イベントを見る自分として、非常に貴重な資料に
なりえるので、ありがたいことだなと、記事自身に対して個人的に
高い評価をしている。
ただ、本来、イベント・サークル活動での即売会参加時の写真記録の
活動は、あくまで、個人のサークル活動に留まり、会場内での様子が
外に出ることは、きわめて稀である。
(まあ、私のところもギリギリでやっているが、あの有名なコミケ雲
の写真を撮った後、下の大手サークルから、「なんであんなところの
写真を撮らせたんだ」とクレームがついて、陸橋から会場内への写真
撮影が禁止になったのは、業界では有名な話だったりする 以後、
取材での会場俯瞰は、スタッフ控え室からの写真構図に誘導)
まあ、いろいろと撮られたくない人が多々いるなかで、こういった
記録が残すことは、かなりのリスクと批判を伴いながら、やっている
訳ですが、まさか、今回ののComic1でのサークル活動写真と
いう名目で、サークル業界の暗黙の「開場前・サークル参加者購入行列」
と「シャッター前・大手行列の形成」の詳細な写真付レポが掲載される
とは、夢にも思いませんでした。
この部分に関しては、本来主催運営者側は、販売目的として参加している
出展サークル参加者に対して、いさめる部分で、購入目的のダミーサークル
参加者増大を誘導すため、存在はうわさされていても、その具体的な存在が
表に出ることは、決して無い、主催者側の「暗黒面」な部分であったりする
わけです。

レポートしていた、せかなBlog自身、ここ1年(2006年夏記事からですが)
本来取材申し込みをしても取材拒否をうける開催日前日の設営日に企業参加
者パスを利用して潜入し、企業エリア設営風景をリアルタイムでレポートし、
しているその熱心さには、頭が下がる思いです。
ある意味、あの時間帯で前日に出展物が確認できて、当日までどんな販売物が
どれぐらい販売されるかというのは、あのエリアを取材対象にしている出版
取材担当者にとって垂涎ものの情報なんですが、内部の事情筋にこの件につい
て問い合わせても、そんな取材申し込みは無く、なぜあのような写真が
リアルタイムで流出しているのか理解に苦しむ・コメントができない模様

今回のcomic1レポートにしても、主催者側警備の慣例から、取材が許さ
れる時間帯と構図ではなかったため、イベント関係者から慣例や警備情報を
聞き取り調査をした上でComic1準備会側に、撮影と取材に対しての受け
入れ姿勢の確認をいてれみましたが・・・

「いや、うち取材受け入れは可能で、写真撮影は個々の参加者のモラルに
 まかせているので、問題ないんじゃないですか」

との、実におおらかな、懐深いご案内をいただきました。

うーん、代表の閉会後のトークショーでは、「撮影禁止です!」と
始まりの挨拶の冒頭で、アシスタントが叫んでいるのがねネットの上で
公開されているデータにははっきり記録されているのですが
公的な発言と、イベントの公人として公の場を設けて、今後の同人誌界を
語られる方が、覆面談義で表に出ない姿勢をとり、片や会場内の写真撮影の
規制は、まったく無頓着というのもいささか納得のいかない部分ではあります
が、新イベント立ち上げののろしとともに、こういった形での同人誌活動の
理解を深める上で、これまで規制されていたメディアへの情報露出の緩和は、
非常にありがたいことだと、歓迎する次第です。

ま、つまりなんだ
先日のテレビ朝日の問題から読み取れるように、過去の「宮崎事件」で、
あれだけけちょんけちょんにけなされたマスメディアに対して、無警戒に
再び門戸を開いた(コミケでは、TV局の撮影クルーに必ずスタッフが同行
するわけですが)そこに存在するものを、撮るか撮らないか 報道するか、
報道しないかは、写りたくない側の希望にも関わらず、今後写される
可能性があり、その判断は、参加する個々の参加者にゆだねられたと考えても
いいのかもしれません。大きな転換した考え方は、今後の同人界の運営姿勢と
実情に大きな流れの変化と問題へ一石を投じる可能性があると感じます。

来週末の主催者イベントでまた、いい酒のつまみになりそうな予感がします。

ここからの話は、あくまでもこれから起こる可能性の1つですが、同人誌委託
ショップで売られている風俗上、問題のある同人誌や著作権を逸脱した同人誌
とんなイベントのどういう場所売られた上で、全国に展開する自主流通形態の
各店舗で(たとえば、アキバとか、たとえば大阪・オタロードとか)でどのよ
うな内容であるかが暴露された上で、話題を呼んでいるという1コマが、報道
される可能性があり、ネットで写真と情報が自由に拾える現在、これから起こ
るであろう何かが、事件として起こったことに対して、追従情報として、作者
本人不在の中、それは面白おかしく書き立てられる予感を感じざるをえません。

comic1での閉会後のトークショーで、市川氏自身、警察からのお伺いに
対して、「いや、うちキチッっと見本誌提出受けてねチェック入れていますよ」
とコミケでの成人向風俗同人誌出展チェックの様子を詳しく語られていました
が、昨冬のように、サークル側からの告発で、チェックする側の責任者が、自
らの趣味で無修正同人誌を収集した上で、販売停止規制を加えたなんてことが、
暴露されたりと(現在、この記事は削除済)いろいろと運営上足元できなくさい
論議を呼んでいる中で、そんなおためごかしなこと、いつまでばれずにすむのか、
興味深々です。

本来運営スタッフというものは、サークルの有志で結成されていた同人即売会の
システムですが、イベントが肥大化する中で、サークル活動の経験のない業務選
任スタッフの割合が増える中、果たしてこの場を守ってくれる人はいるのでしょ
うか。

 くれぐれも、「ねとらん」の痛車ロードのように、痛いサークルネタとして、
取り上げられないよう、今後ご警戒ください

 たぶんね、何もなければ、夏コミで、マスコミ的に楽しい記事を書いてくれる
予感がします。(個人的には、ひそかに期待しちゃったりしています)

 影響が無いと楽観視している方が多いようですが、摘発受けた場合は、
関東圏・関西圏問わず大規模イベントの開催される公的会場に利用に対して
規制が引かれた上、ショップにも影響がでます。
(某社が、同人・中古グッズ部門を別会社にして切り離しているのは、その
リスク分散のため)

 今後の同人会の安定と発展に変りが無いこと願う次第です。

【関連・イベントレポ】
 ○ピンクに縁取られた世界が 誘惑の蜜を垂らしてる
 【常時リソース不足さん・C1レポ07/04/30
 某所実況板では「色紙を撮るな」とスタッフと揉めたとの
報告上がっていましたが、気のせいだったのかな

 ○COMIC1 レポ
 【インディペンデント通信社南町支局さん07/05/03】



comike_news at 13:24トラックバック(0) | アフターレポート | サークル参加者ノウハウ 

トラックバックURL

遠征前の情報Check!




名鉄観光コミックバスツアー
アキバで立ち寄りたい店舗
COMICZIN_Akihabara
・同人専門店「COMIC ZIN
この会場の来場者数




フィギュア新作情報
遠征用裏技情報
裏技情報
Archives
著作権を主張します
改訂8条が落ち着いた内容
に変更されたので、当サイ
トは、LivedoorBlogにて
継続運営します

今回の一件にて、Blog全
般の著作権問題に対して、
まとめたサイトがあったの
で、興味のある方は、
 こちら をご覧に
なってください。

当サイトはリンクフリー
です
多忙につき、TBのお礼
やコメントのお返事かほ
とんど出来ません。
あらかじめご容赦くださ
い。

管理人  三毛猫
宝箱の中身をお手元に
RSS feed meter for http://blog.livedoor.jp/comike_news/


QRコード
QRコード
打ち上げ会場チェック
初音ミク応援中
mikunavi.net


初音ミクニュース

<クリプトン>
初音ミク・製品情報

初音ミク・応援バナー160x600

イベント備品を借りるなら


応援バナー
C77 参加情報
西企業ブース
#334 【AT−X
同マスコットキャラ
−会場限定−
「しあたん」アンソロジー本発売
C77 #334 AT-X しあたんアンソロジー告知バナー

09/12/30(2日目)
 西1-る07b

【 桜月亭 】
東北少女散歩

09/12/31(3日目)
 西1-る31a

サークル「むんくろ」

コミックマーケット77 むん☆くろ読本2009(下)
バスツアー情報
JTBコミケSP5in水戸


【イベントバスツアー】
名鉄観光コミックバスツアー


<都内発・会場行>
−C77冬コミツアー−

☆(株)Busway
都内前日出発(車中泊)-会場行
有明コミックドリーム

<関西・東海地区発>
毎週土曜・大阪/名古屋出発
〇東京・あきばバスツアー


☆【最近の人気記事】☆
 ○日本・猫喫茶リンク集○
 台湾キャットカフェツアー

 【お台場・猫スポット情報含】